ネット誹謗中傷にはひたすら鎮火を待つのみ


便利なネット社会の落とし穴

世界中の人々が集うインターネットの世界。しかしそれゆえに生まれる危険も存在します。そのひとつがネット誹謗中傷という問題です。ある特定の人物がネット上で不特定多数の人物に悪口を言われるというもので、しかも悪口を書き込む人々は対象となった人物とは会ったこともなく、顔さえ知らないというケースも多数見られます。本来知るはずのなかった限りなく他人に近い存在だからこそ、何の遠慮もなく悪意に満ちた発言を書き込めるものです。

無関係なのに狙われるケースも

ネット上で誹謗中傷が起こるきっかけは様々ですが、基本的には軽微な犯罪行為が判明したとか不倫など倫理的な問題が発覚したといったものが多いです。あるいは元々匿名で過激な書き込みをしていた人物がなにかのきっかけで個人情報が流出し、それまでの復讐とばかりに悪口を言われるパターンもあります。そしてそうした炎上した人物の知り合いというだけで何もしていない人物までもが巻き込まれることもあり、これはその悪質さは年々高まっています。

大事なのは素直に頭を下げること

もしもこのような炎上に巻き込まれた時はどうすれば良いのでしょうか。まず大事なのは余計な主張をしないということです。一度炎上するともはや理論は通用しません。自分の言い分を理路整然と主張したところで聞く耳を持ったがどれだけいるでしょうか。叩かれている部分に対しては言い訳などせずひたすら謝罪し、しばらくはインターネットから離れるのが結局一番安全な方法となります。話のネタが尽きればそれ以上炎上が続くことは通常ありえません。

逆SEOでは、特定のURLの検索順位を下げて表示され難くする事を目指します。自社の製品に対する悪評や中傷への対策や、相対的に好意的なURLの順位の押し上げにも有効な方法となります。