ビットコインには、世界が一つになる可能性を秘めている


ビットコインを知る前に、お金の仕組みを知ろう

ビットコインを知るためには、常識としてのお金の仕組みを再確認する必要性があります。古代においては、物々交換によって欲しい物を手に入れていましたよね。常に交換用の荷物を持ち合わせるのは、とても不便です。物を交換したとしても、その物を違う物に必ず交換できるとは限りませんよね。そこで現れたのが、お金と呼ばれる通過です。ビットコインも同じく、ビットコインとサービスを交換する事によって、お金の様な働きを作り出す事が出来るのですよ。ビットコインをお金と同じ価値があると思っている人が増えれば、増えるほど、お金としての働きが強くなる一面も持ち合わせていますよね。

流通する通貨よりもビットコインの方が価値が高まる

私達日本人は、円を通貨として利用していますよね。これは、日本人が円とサービスの交換に値する価値がある事を認めているため流通が出来るのです。この円を、海外で利用してもその国では価値の無い紙切れだと判断されてしまいますよ。ビットコインが普及しているのは、日本だけではありません。世界で流通する事によって、様々な場所でサービスを受け易いメリットを持ち合わせているのです。もちろん、ビットコインを、サービスを受けたい国の紙幣に変える事も可能です。世界で一斉にビットコインなんていらないと言わない限り、紙切れに変わるリスクもありませんよね。

どうして、ビットコインが世界を一つにするのか

隣の町に買物に出かける場合、通貨が違っていれば不便だと感じないでしょうか。為替によって変動する事もあれば、交換するための手数料も重なってしまいますよね。ビットコインには、国と国との為替はありません。欲しい人と利用者が増える事によって価値が高まって行くのです。現在は、世界隅々まで普及してはいません。今後、便利な姿が広がる事によって、利用者が増えるかもしれませんよね。そうなれば、世界で利用される通貨となり、世界を一つにするだけの力を持ち合わせている事になりますよ。為替とは、同じ努力を行っているにも関わらず、国が違うだけで価値に対しての差が現れて来る事もありますよね。この様な問題に対しても、ビットコインには解決できる力を秘めているのです。

ビットコインは現金や電子マネーとも違うオープンな仮想通貨です。円やドルは発行元がその価値を裏付けていますが、仮想通貨は利用者が価値を決めていきます。そのため価値の変動が大きいのです。