副業でライターやってみませんか?会社にばれる心配はありません!


会社にばれずにできる在宅ワーク「ライター」

副業をやってみたいけど会社にばれるからできない..そんな風に思った会社員の方は少なくないはずです。しかしライターという仕事は、直接自分の通帳に振り込んでもらうので書類などの提出もなにもないし会社からの許可証等も必要ありません。ですので、ライターは学生であっても誰でも家でちょっとした空き時間などにできるので、ある程度の文章力がある方ならだれでも始めることができます。もちろんパソコンを持ってない方でもできる仕事はあります。

ライターってなに?具体的には何をすればいいの?

ライターの収入源は、簡単に説明すると記事を書きそれを売ることによって収入となっているわけです。記事を売るの?難しそうと思われるかもしれませんが、もともとある案件から自分がどの記事を書くか選び書き、申請して承認されるとお金になるというものが多いです。ですので自分で一から記事を考え書くのではなく書くテーマはあらかじめ決められているということがほとんどです。どうして記事をブログの作成者本人が描くのではなく、書いてもらう必要があるのかというと、大規模なブログなどになってくると1日に何個もの記事を書かなければならない中、自分ですべて書くのは無理で、ほかの人に書いてもらう必要があるからです。

ライターになるにはどんなセンスが必要?

ライターの定義と言われると特に決まったものはありません。自分で記事を作成し、それが承認されてお金が入ってきたらライターといってもいいでしょう。でしがライターになるためにはどのようなセンスが必要なのでしょうか。ライターは文章を書く仕事ですのである程度の日本語の文法を知っておく必要があります。ごちゃごちゃの文章、日本語だと記事が承認されません。ですが新聞記者のようなプロの文章が必要というわけでもありません。中学レベルの国語ができていればまずは大丈夫でしょう。他には、しっかりとした中身も必要なので、自分の専門分野でない記事を書く場合はしっかりと下調べをする必要があります。ですので興味のない分野でも調べて記事を書く「根気」も必要になってきます。記事を書いていくうちにタイピングの速度なども自然に上がっていきますので「私、タイピング苦手だから..」など諦める必要はありません。ライターという仕事は誰にでも可能性のある公平なお仕事なのです。

記事作成を行うことによって文章を書く力が磨かれます。よくそのためには、本をたくさん読むことが大事だと言われています。